企業が販売を促進するために利用するグッズにはノベルティとプレミアムがあります。ノベルティは企業名や商品名、サービス名などを記載したグッズを無料で配布して宣伝効果を狙います。プレミアムは商品やサービスを購入した消費者に特典として配るグッズで、購買行動の誘引になります。両者の目的とする効果は異なりますが、最終的に販売を促進して売上を増加させる点では同じです。

缶バッジによる販売促進の歴史は100年以上あり、1898年にはアメリカで売上を増加させる効果が実証されています。現在では、アニメや漫画などのキャラクターがノベルティのデザインに採用されるケースが多く見られます。世界で最初に人気キャラクターが缶バッジに採用されたのは1898年のアメリカです。19世紀末から現在まで、人気キャラクターを採用した缶バッジはノベルティグッズとして販売を促進するため重要な役割を担っています。

企業が利益を得るために行うマーケティングの方法には様々なものがあります。マーケティング方法はSNSの運用などオンライン上で行われるものと、テレビCMや新聞広告のようにオフラインで行われるものに分類できます。缶バッジをノベルティとして使う方法は、オフラインマーケティングの一種です。この方法には安い製作費用で大量生産が可能なだけでなく、高い宣伝効果を期待できるというメリットが存在します。

コストパフォーマンスが優れた方法なので、多くの企業が人気キャラクターなどをデザインした缶バッジをノベルティに活用しています。缶バッジのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です