お中元を贈る時期やポイント

夏のギフトとしてお世話になった人に贈るお中元は、マナーに沿った贈り方をする必要があるため慎重に選ぶことをお勧めします。とはいえ正しいマナーについて良く分からないという人も少なくないものです。そもそも毎年夏頃に贈るお中元にはどのような意味があるのかと思う人もいるでしょう。実は相手に日頃の感謝の気持ちを伝えるために贈るという意味があります。

そのため職場の人や親戚の人などに贈ることが多いのが特徴です。職種によってはあまり縁がない場合もありますが、営業の仕事をしている場合や、自営業の場合には毎年贈る習慣がある場合も少なくありません。夏頃に贈るというイメージがありますが、具体的にはいつ頃贈ったら良いのか知らない場合もあるものです。地域によっては8月に入ってから贈ることもあります。

たとえば関西地方では7月の初め頃から8月15日までに贈ることになっています。しかし関東では7月の上旬から15日ごろに届くようにするのが一般的です。そのため、両方の地域が重なっている7月の上旬から7月の中頃までに贈るようにすると安心です。お中元の時期が近付くと毎年スーパーやデパートの催事場などでは、ギフト商品の売り場が作られ多くの人が訪れています。

また近年ではインターネットで購入するケースも多いのが特徴です。直前になると実店舗や催事場の場合には売り場に人が多く集まり混雑することも多いため、早めに用意を始めることをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です