お中元の時期は地域によって差がある

お中元は親しい方やお世話になった方に感謝を伝えるための大切なコミュニケーションツールです。初めて贈ろうと考えている方は、いつ贈れば良いのか分からず困ってしまうこともあるのではないでしょうか。実はお中元は地域によって贈る時期が異なります。北海道では旧盆の時期にあたる7月15日から8月15日に贈るのが一般的とされています。

東北および関東では7月初旬から7月15日までと、他の地方に比べると期間が早めに、また短く設定されています。そのため、6月20日頃から贈り始める方が増えているようです。北陸では、地区によって2つに分かれます。東北や関東と同じく7月初旬から7月15日頃に送る地区と、北海道と同じく7月15日から8月15日に贈る地区です。

東海から関西、そして中国と四国のお中元は、7月15日から8月15日までに贈ることが一般的です。ただ、時期が早い関東の影響を受けるため、近年ではこの時期は早くなってきているようです。九州では8月1日から8月15日までが一般的とされています。東北や関東と比べると1ヶ月も時期が異なっています。

ただし、やはり九州でも他の地方に合わせて早めに贈る方も増えているようです。沖縄は他の地域とは違い、旧暦の7月15日までに贈るのが主流です。そのため年によって時期は変化します。その年の旧暦7月15日を確認して、その日までにお届けしましょう。

このように地域によって期間に差異があるため、贈りたい場所の時期を守り、失礼がないように配慮するのがポイントです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です