お中元の送り状や熨斗について

上半期にお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るのがお中元であり、一般的には目下の人が目上の人に贈るからこそタイミングや金額をはじめ、様々なマナーに気をつける必要があります。タイミングや品物選びには気をつけていても、送り状や熨斗でマナー違反になってしまうと失礼になるので気をつけるようにしましょう。お中元は本来は相手の家に届けに行き、直接感謝の気持ちを伝えることが本来のスタイルとされていますが、近年では郵送することが一般的です。直接持参することにより相手に気を使わせてしまうことになるので、郵送で送るようにしておきましょう。

お中元を郵送する場合には、事前に送り状を書いておきお中元が届くことを知らせるのがマナーです。手紙やはがきを使い、何時頃届くのか知らせることが基本ですが、親しい間柄の場合には電話で伝えても問題はありません。お中元はギフトであり、日頃の感謝と今後も末長くお世話になる気持ちを伝えるものなので、熨斗をつけることになります。喪中期間など特別な場合を除いては、紅白の蝶結びの水引をかけて表書きに御中元と書き、下には送り主の氏名を書きます。

ギフト対応をしているお店で購入すれば、熨斗に関してもきちんと行ってもらえるのでマナー違反になってしまう心配もありません。近年ではあまりしきたりやマナーにはこだわらない人も増えていますが、目上の人に贈る機会が多いからこそマナーには気をつけておくべきです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です