お中元を送る場合の時期や表書きについて

日本で夏の風習とされるお中元は、中国の道教の年中行事を起源としています。それがやがて日本に伝わると、先祖供養のお供え物と融合して、日頃から世話になった人々へ贈り物を送る習慣として、徐々に定着したと言われます。ただし上半期の区切りに贈るようになったのは、それほど古くはありません。お中元を贈る時期については、住んでいる地域によって異なるのが実情です。

したがってお中元を贈る際には、相手の地域をあらかじめよく調べておくことが、マナーとして求められます。ちなみに関東圏では、7月上旬から15日ごろまでに贈るのが基本。それ以外の地域ならば、7月上旬から8月15日ごろまでが、ひとつの目安になります。ただしこれらの時期を過ぎても、立秋(8月8日か9日)までなら、表書きを「暑中御見舞」とすれば大丈夫。

さらに立秋以降であっても、「残暑御見舞」の表書きで贈れば、マナーの上で失礼になることはありません。なお贈る相手が自分よりも立場が上の方ならば、表書きは「暑中御伺い」あるいは「残暑御伺い」になるので、注意が必要です。さらに単年度で特別にお世話になった方に贈る場合には、「御礼」の表書きにします。のし紙は紅白5本の蝶結びが基本です。

あらかじめ印刷されているケースがほとんどなので、あまり心配する必要はないでしょう。のし紙に記載する名前については、個人で贈るなら姓のみになります。この点も間違えやすいので、注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です