完璧なお中元など無い

世の中には様々な礼儀作法があります。一社会人として、それらは守るべきことと言えるでしょう。お中元も例外ではありません。たとえば会社の上司やお世話になった恩師など目上の人に贈る場合、予算は幾らくらいが最適なのかは事前に確認しておくと良いです。

友人や知人などに相談してもいいし、ネット検索で一般的な価格帯をチェックするのも悪くはありません。しかしお中元の値段の相場といっても、それはあくまでも目安に過ぎません。絶対にこの価格帯でなければ駄目だということはないのです。それゆえに、あまり神経質に考える必要はありません。

常識的に考えて、十分に許容範囲と思われる金額に収まっていれば良いのです。また、何を贈るかについても同様です。確かに贈るからには相手が最高に喜んでくれる大好物などをタイムリーに贈れれば完璧かもしれません。そんな完璧なお中元を贈ることができたら、きっと贈った自分も満足できるに違いありません。

しかし現実問題として、その贈り物をどの程度喜んでもらえるのかは、実際に贈ってみなければ分からないことです。たとえ相手の好みを事前に把握して商品選びをしたとしても、相手は最近、既にそれを沢山所有したばかりかもしれないのです。そう考えると完璧なお中元など存在しませんし、それを求めること自体、意味は無いものと考えられます。それどころか、あまり考えすぎてしまうと却って相手に相応しくないものを贈ってしまう可能性もあります。

そんな失礼だけは避けるべきです。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です