お中元はいつまでに贈ればよいのか

お中元は夏の挨拶の一つであり、日ごろの感謝を伝える手段として品物を贈るようになりました。ですが地域によってお中元を贈る時期が異なっており、しっかりと時期を把握しなくてはなりません。関東や東北においては7月1日から7月15日に贈るのが一般的です。北海道や関西、中国地方や四国地方においては、7月中旬から8月15日までの間であり、お盆の時期と重なります。

九州地方は全国で見ても最も遅く、8月1日から8月15日となっており、期間は2週間と短いです。ですが沖縄県では7月13日から7月15日と最も短く、やはりお盆と重なるので、贈り忘れが無いように注意する必要があります。気を付けなくてはならないのが北陸地方です。県ごとによっても異なっているのですが、同じ県内であっても日にちが異なるのが石川県であり、金沢市では7月1日から7月15日、能登町では7月15日から8月15日と差があります。

そのため自分が住んでいる地域を基準として考えるのではなく、相手の地域がどうであるかをしっかりと確認し、適切な時期におくらなくてはなりません。お中元は早い段階で贈ることが大切であり、あまりに遅くなってしまうとお盆と重なりどうして贈られたのかが相手に伝わらないことがあります。1か月前までには何を贈るのかを決めて注文や配送の予約をしておくと直前になって慌てることはありません。贈り忘れてしまった場合はのしの表書きを暑中お見舞いなどに書き換えて贈るようにします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です