お中元の送り方やマナーとは

日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えたり、今後もよろしくお願いしますという意味を込めて夏に贈るのがお中元であり、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。本来は直接持参し挨拶をして渡すことがマナーとなっていましたが、今の時代では郵送することが一般的になっています。遠方の人は勿論近場の人に贈る場合でも、郵送を利用するケースが大半です。直接渡しに行くと、相手に気を使わせてしまうことになるので郵送にしておくことが、今の時代の基本と言えますが、直接手渡しをしてはいけないというわけではありません。

郵送の場合には事前に送り状が届くようにしておくことも大切であり、いつから届くのかを手紙やはがきで伝えておくべきですが、親しい間柄の場合には電話で伝えても問題はありません。必ず贈らなければならないものというわけではありませんが、日頃からお世話になっている人や結婚している場合には互いの両親、仲人や子供の習い事の先生などに送るケースが多いです。一昔前は上司に贈ることが一般的でしたが、近年では会社でお中元を禁止していることもあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。公務員や一部の民間企業では、お中元は受け取ってはならないと決まっていることもあるので気をつける必要があります。

贈るタイミングや品物選び、金額など細かなマナーに気をつけ失礼に当たらないように贈ることが必須ということを、頭に置いておくべきです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です