Skip to content

未払い残業代が請求できない職業とは?

未払い残業代が請求できない職業としては、会社の経営者や役員が代表的です。

よく問題になるのが店長職です。店長は会社の管理監督者なので未払い残業代は請求できないと考えられています。しかし「名ばかり店長」のように、やっている仕事内容が一般スタッフと同じである場合には未払い残業代が請求できます。また、雇用されている店長も労働者と同じなので残業代を請求できます。営業職の場合にも問題になりやすいです。

営業職の場合には営業手当てが支給されることが多いですが、この中に固定残業代が含まれているという反論がされるようです。固定残業代が支払われている場合には未払い残業代は請求できません。しかし、後付けで固定残業代が含まれていると言われているケースが多いようです。監視に従事する者や断続的労働に従事する者も残業代が発生しません。代表的なのが警備員でしょう。しかし、警備員でもこれらに該当しない場合には残業代が発生します。

交通誘導業務、駐車場で料金を徴収する業務などは身体の疲労や精神的緊張が少なくないと考えられ、「監視に従事する者」に該当しないようです。未払い残業代が発生しているかどうかは個別に判断がされるので、最初から諦めないようにしましょう。まずは専門の弁護士などに相談をしてみることです。メールや電話での相談ならば時間も手間もかかりません。その後に面談をして詳しい事情を話しましょう。相談は初回のみ無料という法律事務所もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *