Skip to content

未払い残業代の請求とその後について

今までに未払い残業代の請求を行おうとした場合、いろいろな立場があって難しいことも少なくありません。

たとえば請求後に不利益な扱いをされることを恐れて結局泣き寝入りをするようなケースも数多くあります。また請求後にその職から離れる場合には証拠の保全が難しく、よほど傍証を固めない限りは裁判で時間を証明することが困難になりがちです。この場合も未払い残業代の請求をあきらめざるを得なくなる要因になります。仕事をしているときに今の残業代請求の扱いがどうされているのかをしっかりと把握しながら対応をすることが一番です。

たとえばタイムカード類の存在があればよいですが、それらも退出させてから職場に戻って仕事をさせたりしますので難しい場合もあります。客観的に残業をした日にちとその時間が分かるようにしておくことが大切です。そのやり方が分からない場合にはたとえば労働組合があるところならば相談をするのも有効になります。さらに士業の専門家である弁護士に相談をすることで、その労働時間の保全と未払い残業代がいくらなのかを把握しやすくなります。

一番よくないのはそのまま放置し続けて結局請求しなかったりすることです。これら残業代には時効がありますので、その時効が成立するまでに請求を行い話し合いの場を設けます。もし雇用主が応じなければ訴訟での解決となりますが、そのための証拠固めを意識して行うことも求められますし、裁判沙汰になるとその後そのまま職場に残ることが難しくなることもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *