Skip to content

未払い残業代について

未払い残業代というのは、所定の労働時間を超えて残業をしているにも関わらず、その分の残業代が支給されていないような状態を指します。

一応原則論から先に言っておきますと、残業というのは勝手に行って良いものではありません。あくまで上司が命令して行わせるものです。ですから、この原則論に従えば、上司の命令が無いのであれば残業をする必要はないというか、むしろしてはいけません。定時でさっさと帰社すべきということになります。

ですが、実際に定時でさっさと帰社したとき、あるいはしようとしたときに、上司からどうしてそんなに早く帰るのか、まだ仕事があるだろうというように言われたのであれば、それはもう立派に上司の命令があることになるでしょう。このような状況であれば、残業は立派に上司命令であり、未払い残業代については当然ながら会社に支払う義務が生じます。しかし現に支払われていない未払い残業代については、会社はおそらく確信犯ですから、申し出ても無駄というかかえって嫌がらせなどの不利益を受ける可能性もあります。

そこで重要なのが証拠を集めておくことです。残業が上司の命令で行われていること、実際に何時まで残業をしていたのか分かる記録、その時間にどんな仕事をしていたのか分かる記録などがこれに該当します。最も重要なのが時間、とくに退社時間ということになるでしょう。その時間までは仕事をしていたということが強く推察される証拠となるからです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *