Skip to content

未払い残業代の請求について

未払い残業代を請求する為に必要なものはまず証拠です。

雇用された時の契約書、就業規則のコピー、タイムカードや日報といった始業時間、退勤時間の資料、会社によってはタイムカードを切らせてから残業をさせる所もあります。その場合には業務用アカウントのメールの送受信の履歴も証拠となります。残業時間中の業務をしていたという証拠としてメール履歴や業務日報なども必要となります。こういった資料がない場合、日記なども証拠となりますので書いて残しておきます。実際に未払い残業代を請求する方法はいくつかあります。

まず会社と直接交渉する。お互いに交渉する意思があれば可能です。次に労働基準監督署に申告する。こちらは費用もかからず社外の相談先として活用できます。匿名で申告する事もできます。また弁護士に介入してもらい示談交渉を行うという方法もあります。示談交渉で会社と合意できなかった場合は裁判所で行う労働審判です。こちらは話合いと訴訟の中間の様な非公開の手続きとなります。調停や裁判所からの審判により残業代を支払ってもらいます。

それでも合意できなかった場合には訴訟となります。時間はかかりますが未払い残業代と合わせて遅延損害金も併せて請求する事ができます。未払い残業代の請求には2年という時効があります。証拠を集めたり、交渉したりする事を面倒に感じ、先延ばしにしていると請求できるはずだった未払い残業代が減っていく事になります。無料相談を受け付けている弁護士事務所もありますので、心当たりのある方は一度相談を検討されてはいかがでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *