Skip to content

残業代が未払いだった時の対処法

「ブラック企業」と言われる会社が多い昨今、「残業代がつかないなんて当たり前…」なんて思っていませんか?もしも未払いの残業代がある事がたしかめられたら、諦めてはいけません。出来る限り請求をしましょう。

休日労働や深夜労働も同じように請求出来ます。定められている基準法上、残業における請求権の消滅時効は約2年とされています。長いようで短いので、なるべく早めに解決する必要があります。2年以内であったら、過去に遡って請求する事も可能です。請求するための方法について、いくつか解説します。「話し合いで交渉」残業代の金額を計算し、それをもとに支払って貰えるように話し合うのです。コンプライアンスを守っている会社であれば、未払いの残業代を払ってくれるでしょう。しかし「ブラック」と言われるようないい加減な会社で無視されるケースもあります。

話し合いで対応してくれなかったら…「内容証明郵便を送る」会社側が応じてくれないなら、郵便局が通知内容を証明してくれる郵便“内容証明郵便”を会社に送りましょう。その際にはあなたの名前と住所、相手方の会社の名前と住所、雇用契約と残業の事実と残業代未払いの事実とその証拠、金額、支払い口座を記載して下さい。また弁護士や労働基準監督署に依頼する事で、郵便の送付により回収できる可能性が上がります。自分でどうにもならないケースも残念ながらありますので、頼れる機関を予め決めておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *