Skip to content

残業代の未払いについて

連日連夜遅くまで会社に残って残業をしているのに、残業代が未払いのままになっているという人も多いかもしれません。

いわゆるサービス残業の問題です。サービスというと何か良いことのような響きを持っているように感じる人もいるでしょうが、これは基本的にはれっきとした違法行為であり、未払いなど許されるようなことではありません。当然ながらその分の残業代は支払ってもらうことができます。ただし、上司や管理部門に口で伝えてすんなりと払ってもらえるような会社であれば、そもそも未払い残業代のような問題は生じないことのほうが多いでしょう。つまりそういうことが起こっているということ自体、会社に訴え出ても無視されるか、言いくるめられる、ひどい場合はパワハラを受けたり、退職に追い込まれたりする可能性さえあるということになるのが現実でしょう。

ということで、ここは弁護士などの専門家に相談すべき問題ということになります。おそらく何らかの適切なアドバイスを受けることができるでしょうが、本気で会社と交渉したいのであれば、やはり動かぬ証拠が必要になります。口でいくら主張しても証拠がないことには法律も援護はしてくれません。証拠とは、タイムカードがあればそれが一番間違いないのですが、これはそもそも機能していないことも多いでしょう。そうなると、パソコンを仕事で利用しているのであれば例えば仕事でのメールの送信記録などは立派な証拠になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *