Skip to content

未払いの残業代を請求する

未払いの残業代があれば、請求して支払わせることができます。

弁護士などの専門家に依頼するのが確実ですが、個人で行っても対応する場合が少なくありません。会社側に非があるのが明確であり、対象になる残業時間が正確に把握できており、会社が故意に不正を行っているブラック企業ではないのであれば、自分で要求してみても良いでしょう。訴訟になって会社側の主張が認められず、残業代の未払いを支払うように命じられた場合、同じ境遇に置かれている他の社員に知られてしまうと前例ができてしまうので、請求が立て続けに行われることが考えられます。また、外部に漏れた場合には社会的信用を損ないます。

勝ち目のない状態で争っても会社側には一切得がないため、要求に応じたと口外しないことを条件に示談が成立することが多いです。会社が未払いの残業代を請求しても拒否することもあるので、この場合は個人で争うのは手間がかかってしまうので、報酬を支払うことになっても専門家に依頼することを検討しましょう。単純に会社に非があるとは言い切れず、法律をどう解釈するかなどが問題になる場合には個人で対応するのが難しいこともあります。なお、未払いの残業代が発生しているときに、会社が残業時間を管理していないケースがあるため、請求額を計算できるように、手書きのメモでも良いので自分で管理します。会社が反論できるデータを提示できない場合、こちらの主張を採用することが多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *