Skip to content

未払い残業代請求と時効

未払い残業代は後から分かっても請求が出来るとは限らないです。

請求を行うためにはその時効を確認しなければならず、速やかな請求が必要なためです。またこの未払い分を請求するとなると請求を受ける側は快く思わないわけで、その後の就労にも影響が少なからず出ます。こうした問題が解決できる見込みがある場合たとえばすでに証拠をそろえていて弁護士の介入があり、さらには場合によっては職場を退職する覚悟を決めたときなどは、時効を気にしながら速やかに請求を行うことが望ましいです。

企業などの雇用元も未払い残業代の請求がなされた場合、その請求額などが適正かどうかをしっかりと把握します。その上でいろいろな対応に分かれるため一概に言うことは出来ませんが、企業規模が大きい場合で社会に与える影響が大きいときにはこの未払い残業代を速やかに支払うケースもあり得ます。反対に中小企業などの場合はなかなかそこまで対応が出来ないケースもありますので、いろいろな対応に分かれるわけです。

労働者側は請求に当たってはその証拠をしっかりと確保することが求められます。また最初入社時点で交わした雇用契約についても把握し、その内容に違法性がなかったかどうかも含めて弁護士によく確認をしてもらうことです。その上で未払い残業代の請求を行い受給する流れとなります。もしその残業代請求がおかしいと雇用元が判断をすると係争案件になる可能性が高まりますので、解決まで時間がかかる可能性が高いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *