Skip to content

未払い残業代の対応方法

未払い残業代があれば請求が可能ですが、社員側と会社側のそれぞれの立場でこれに備えておく必要があります。

社員側では適用されている給料制度が妥当なのか調べましょう。労働契約で合意をしていると会社が主張しても、それだけでは合法と認められない制度があるので誤りがあれば未払い残業代を請求できます。会社が労働時間を記録していないケースでは未払いの金額の算出が困難です。労働時間の管理は業務効率の改善や社員の健康を保つためにも重要なので、全く管理していなければ不正を考えている懸念があるのでメールの送信記録や日報を残しておきましょう。

会社側の未払い残業代の対応として、訴えを起こされないように制度の適用が妥当であるか労働基準監督署や弁護士などに確認してから導入します。悪意がなくても勘違いしているとトラブルの要因になります。請求を起こされた場合、その内容が正しいか確認しましょう。社員側が制度や残業代の計算方法を間違っているケースもあります。裁量型の給料制度は労働時間を管理していると実態を把握できるので適用できなくなりますが、それ以外であれば正確に実態を掴めるようにした方が良いです。

管理していないことを逆手にとって水増し請求される場合もあります。裁判になれば未払いの実態を把握するために会社に記録の提出が求められますが、応じられないと社員の主張が採用される傾向があります。客観性のない手書きの日報が証拠になるケースもあるので、できるだけ管理しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *