Skip to content

未払い残業代を請求する方法

未払い残業代を請求する方法は主に4つあって使用者に直接請求する方法と労働審判と労働基準監督署に申告して請求する方法と通常裁判があります。

直接請求する方法が一番手間も費用もかかりませんが、未払いになってしまってるケースでは本人同士が話をして解決する事は難しいです。使用者に直接請求する場合でも労働者本人が交渉するのではなく、弁護士や司法書士を代理人として交渉する方が上手く話が進みやすいです。労働審判や労働金純監督署に申告する場合は第三者が時間外労働があった事を確認できる証拠が必要です。

証拠になる物はタイムカードの記録や社用のメールの記録などです。未払い残業代を請求する段階になって会社側にこれらの記録の提出を求めても提出してこないか提出する義務がある物については会社側に都合の良いように改ざんされる可能性があるので、事前にコピーやデータのバックアップをとっておいて会社側に証拠を消されないように自分で保存しておくとべきです。集めた証拠はわかりやすいように資料としてまとめておいて全部で何時間分の未払い残業代があって、その労働があった証拠がどれなのかわかりやすくしておくと良いです。

資料をまとめる作業も素人が行うと不備があったり、時間がかかるので慣れている専門家に頼むと効率が良いです。未払い残業代はどこまででも遡って請求できる訳ではなく、2年で時効となるので請求を起こす場合は速やかに準備をして請求にうつると時効による消滅を防げます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *