Skip to content

未払いの残業代請求を弁護士に依頼するメリット

会社から未払いになっている残業代を請求しようとする時に弁護士に依頼するメリットとしては、次のような内容が挙げられます。

まず悪質性の高い企業であっても弁護士となら話し合いに応じてくれる可能性が高いことです。残業代を払う必要があることを知っておきながら意図的に未払いの状態にしている悪質な企業の場合、一般的な労働法の知識のない従業員が請求をしてきたとしてもほぼ話し合いに応じてくれません。しかし専門家である弁護士が乗り出してくると、やはり相手もこちらの本気度を感じるので交渉に応じてくれる可能性が高くなります。次に時間的な負担を軽減できることです。

実際に未払いの残業代の請求を正式な手順で行っていくためには、明確な証拠による計算や請求書作成、会社との交渉などかなりの時間と費用を要する作業が伴います。これらの請求手続きは個人で行うことも可能ですが、やはり経験と実績を豊富に持っている弁護士の方が、スムーズかつ適切に手続きを進めていくことができます。そのため、弁護士に依頼した方が個人で取り組むよりもはるかに短期間で解決に至ることが出来る可能性があります。

そして、労働審判や訴訟などの法的手続きでの請求が可能なことです。請求の話し合いを会社側が拒否した場合には、法的手続きによって請求を行うことになりますが、その際には会社側も未払いの残業代請求を阻止するための弁護士を立ててくることになります。こうなるとやはりこちらも労働問題を得意とする弁護士に依頼して法的手続きを進める方が断然有利になってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *