Skip to content

残業代の未払いに対応する方法

残業代の未払いは、本来支払う側の会社は従業員に対し賃金支払い義務というものがあるのですがこの義務を怠る行為となっており民事上の責任が生じるものでもあるのですが、それだけではなくより悪質である場合は刑事上の責任が問われてしまうこともあります。

残業代未払い問題は実は年々増加傾向にあって、深刻な社会問題となっていることでもあります。もしも未払いの残業代を請求したいと考えているときには、証拠収集をしっかりと行っておくことが大事です。そしてもしも証拠を集める上においてはいくつかポイントがあるので守るようにしましょう。最初に、証拠集めを行うときはあくまでも慎重に行う必要があるということです。これは、会社にばれてしまうと隠される可能性があるためです。また、不利な人事を行うなどをする企業も少なからず存在します。

証拠となる資料は、自分の手元にコピーがあることが証拠として認められるための最低条件となっていることも覚えておきましょう。もしも、証拠がない状態で未払い請求をした場合には裁判を行っても勝ち目がないことがほとんどとなっています。証拠となる資料がどのようなものが該当するかについてですが、まず始業・終業時刻を立証する資料としてはタイムカードや業務用メールアカウントの送受信記録履歴などが該当します。それから、残業時間中の労働内容を立証するための資料も必要です。主に残業指示書や残業時間中の業務内容が分かる書面を手元に残すようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *