Skip to content

残業代未払いへの対策

労働者には残業代が未払いであった場合、それを請求する権利があります。

しかし、残業代を請求するときには未払いであった証拠などを求められることもあるため、予め事前対策や準備をしておくことが重要となってきます。労働者側はどんな準備や対策をしておけば良いのか、しっかり理解することが必要です。もちろん、残業代未払いを雇い主に請求した場合、雇い主も対策や反論をしていきます。ここで争いになるのが労働時間や法的制度の採用していたということです。

一番の争いになるのが労働時間つまり、時間外労働や休日、深夜などの労働時間です。これに対抗するためには、労働時間を明らかにできる証拠を用意しておく必要があります。タイムカードや業務日報などの出勤や退勤時間が記載されている書類を用意しておくことが必要です。証拠があったとしても雇い主から、所定労働時間より前の出勤は就業準備であり労働時間に当たらない、残業は労働時間ではない、休憩が多かったなどの反論です。そのため、対策としては所得労働時間前または後に労働していたことを証明できる事情や証拠、休憩時間以外に休憩していないという証拠を揃えておきます。

法的制度を採用しているため、払う必要がない、または減額されるべきという対策がされることがあります。そんな時には、法的主張を覆すことができるような証拠や事実を準備しておく必要があります。そのためには雇い主の法的主張に合わせて、証拠を用意することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *