Skip to content

年俸制での残業代の請求は出来ないのか

年俸制とは、給与の金額を一年単位で決める賃金体系の事を言います。

もちろん、一年分を一括で支払われるわけではなく、労働基準法にしたがって、支払いがなされています。

この場合、年間の給与を12等分して月々払う形か、14等分して、毎月1回ずつと、夏と冬のボーナスとしても払う形が取られています。

その人がどれだけ成果を上げたのかと言う成果主義でも良く選ばれる賃金体系となっているので、年俸制を採用する職場は年々増えている状況です。ただ、その名前のイメージから、多くの人が誤った解釈をしてしまう可能性も十分あります。それは、年俸が既に決まっているので、残業をどれだけしたとしても残業代が出ないと言う事です。

しかし実は残業代が出ないと言う訳ではありません。そもそも年俸制自体はその年の給与を決めているに過ぎないからです。

どうしても残業代込みで給与が決められていると思われがちですが、実はそうではありません。

つまり、残業をすれば、その分のお金を受け取る事は出来ると言う仕組みです。もちろんこれは労働基準法で定められているルールです。

だから、年俸制だから残業代もそこに含まれているから、どれだけ働いたとしても同じ金額しか毎月受け取る事が出来ない、余分に請求する事は出来ないと言う訳ではありません。法定労働時間以上の労働をした場合は、その時間に合わせて賃金が支払われる仕組みとなっています。

したがって、残業をした場合は、その分の費用を請求する事も可能です。ただ年俸制の残業代に関する内容は誤解されがちのため、請求できないと最初から思い込んでいる人も多くいるのが実際の所です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *