Skip to content

固定残業代制の場合の残業代はどうなっているのか

固定残業代制とは、その名の通り、残業代が何円なのかと言う事が予め固定されている賃金体系の事を言います。

何時間残業をしても支払われる金額は毎月同じ、
と言う事になり、残業を沢山したからと言って月々の給与が増える事はありません。

言い換えれば、働けば働く程損してしまう状態に陥ると言う事も出来ます。また、固定残業代制はただ単に残業代が固定される以外の場合もあります。

例えば、月々の決められた時間外労働の時間が規定の時間数に満たない場合は、残業代を支給しないと言う場合です。

この場合は、ある程度の時間数残業をしたとしても、決められた時間を満たしていなければ1円も払われません。

ただ、固定残業代制自体は法的に認められている物、決められている物と言う訳ではありません。

その職場ごとに決めた制度となっています。だからその制度を利用している職場も有れば、従来通り残業時間に比例して残業代が市は割れている所も有ります。もちろん固定残業代制自体は選ぶかどうかはその職場の自由です。

しかし、この制度自体はどんな場合でも認められる制度と言う訳ではありません。

基本的に民法・労働法上の規制が掛けられているからです。

つまり、職場がこの制度を採用していたとしても、契約としては必ずしも認められるわけではない、と言う事になります。時には労働者の健康や、その人自身の生活を損なってしまう可能性があると言うのが、契約として認められない理由です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *