Skip to content

管理監督者は残業代は払われるのか

通常、時間外労働をした場合はその時間数に合わせて残業代を払う形が取られてます。

これは歩合制の場合はもちろんの事、固定給の場合も同じ仕組みとなっています。

しかし、給与を受け取って働く人が全て残業代を受け取る事が出来る訳ではありません。実は時間外労働をしてもその分の賃金を支払わなくても良いとされている人がいます。

それが管理監督者の地位にある労働者です。管理監督者とは、監督、若しくは管理の地位にある人の事を言います。

通常労働者は労働基準法にしたがって働くことになっており、賃金に対しても法律にかかれているように支払われ、必要に応じて請求する事が可能です。しかし管理監督者に関しては、労働基準法の労働時間、休日、休憩に関する定めが適用されない物とされています。

つまり、時間外労働はもちろんの事、休日手当等も払う必要が無い、と言う事になっているのです。

ただ、管理監督者に対して残業代の支払は適用されない事になっています。

ただ、あくまでも管理監督者に適用されない野は時間外労働と休日労働に関する事だけであり、
深夜労働に関しては法律が適用される事になっています。
だから残業代を払ってもらうことはできませんが、深夜手当に関しては雇い主の方は支払いの義務が生じているのです。

残業代を払ってもらう事は出来ないからと言って全ての手当てを受け取る事が出来ないと勘違いされてしまうことも少なくありませんが、実際には深夜手当に関しては請求する権利を有しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *