Skip to content

歩合給制の場合の残業代

歩合給制とは、一定の業績に対して賃金を支払うとしている賃金制度の事です。

出来高払い制やインセンティブ制と呼ばれる事もあります。

沢山働いて結果を出せばそれだけ給与が増え、
働く時間を減らしたり結果を出す事が出来なければ、給与は減ります。

つまり、毎月給与には波がある可能性が十分ある賃金制度と言えます。

ただ、歩合給制を取っている会社の場合も、残業代を支払う義務は生じています。

この場合、確かに給与の支払いは業績に対して払うことになっていますが、残業代はその分に含まれていないからです。だから、残業した時間数に合わせて、通常の給与に残業代を足した給与を支払うことになります。

またこの場合の計算式は、歩合給制によって計算された賃金の総額を総労働時間数で割った物で算出します。

大きな特徴は、歩合給制で、さらに月給制を採用している場合でも、一か月の平均所定労働時間数ではなく、総労働時間数で÷と言う事です。つまり、所定労働時間に残業時間を足した時間で割ると言う事です。

しかし実際には残業代の支払に関してトラブルが発生する事もあります。残業をした分の代金も請求する場合、そもそも固定残業代が含まれていると反論される場合です。確かに固定制は残業時間に関係なく支払われるためメリットもあり、労働基準法でも認められています。しかし法的には認められていますが、固定制の分を超えた時間数に関しては、その時間に合わせた金額を給与に合わせて支払わなければならないと言う事になっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *